×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Relayつばめ’s Home Page>撮影地ガイド トップ>撮影地ガイドの用語について補足・説明

撮影地ガイド内にある用語の解説

撮影対象列車: 撮影地で撮影可能な路線です。
撮影場所: 駅構内での大まかな撮影場所です。
順光時間帯: 特記以外は編成全体に日があたる時間帯のことです。
通過速度: 通過速度ごとに4段階に分けています。
速  い :推定速度110km/h以上
やや速い:推定速度110km/h以下〜90km/h位
やや遅い:推定速度90km/h以下〜70km/h位
遅  い :推定速度70Km/h以下
警笛: 警笛の鳴らされやすさを 鳴らされやすい/普通/鳴らされにくい の3段階に分けています。 警笛を鳴らされやすい場所は撮影の祭に注意が必要です。
撮影場所のスペース: 広い/普通/狭い の3段階に分けています。
狭い場所では1・2人しか入らない場所もあるので気をつけてください。
推奨ズーム倍率
(35mm換算):
35mmレンズにてズームをかけるときの推奨倍率です。
( )内は焦点距離に直した値です。
撮影可能両数: 何両までなら切れずに編成全体を撮影できるという両数です。
撮影可能車種: 1時間あたりでどの車種が平均で何本くらい来るのかをあらわしています。ただし、朝夕のラッシュ時等はこの限りではありません。
お手軽度: 管理人がアクセス列車本数・撮影列車本数などを考慮した上で独断にて撮影地のランクをつけています。5段階評価で、★が多いほど良いです。

撮影地ガイド トップにもどる

Copyright © 2005-2008 Relayつばめ, All rights reserved.
Relayつばめ's Home Page
since:2005.03.13
http://relaytsubame.client.jp/